出産〜0歳 浦安の子育て

image

ご出産、赤ちゃんのご誕生おめでとうございます。赤ちゃんがいる生活は、初めての体験との出会いの連続。妊娠中とはちがう喜びや感動の場面がたくさんありますね。

 

その一方で、悩みや不安・不満もあるかもしれません。1人でかかえこまず、パートナーや家族、浦安には多くの支援サービスがあり、サポーターがいます。気軽に相談することで子育てを無理なくスタートできるのではないでしょうか。

 


出産〜お誕生日までの届出とサポート

赤ちゃんが生まれたら、出生届をはじめとして、いくつかの届出が必要になります。また、届出をすることで、経済的な支援やさまざまなサポートも受けることができます。あわただしい時期ですが、忘れずに届けを出しましょう。

 

産後、あわてることのないよう、出産前から予め届出・申請先や必要なものを確認・準備しておくのもよいですね。

出生届

生後14日以内に提出しましょう。病院で出産時に記入してもらった出生証明に、届け出る赤ちゃんの名前や届出人(赤ちゃんの父か母)の署名などを記入したものを提出、受理されると赤ちゃんの戸籍・住民票が作られます。市役所1階の中央管理室では、休日、夜間を問わず24時間、届出を受付けてくれます。

対象 浦安市で生まれた赤ちゃん、浦安市に父母いずれかの本籍・住民票がある赤ちゃん
持ち物 出生届書、届出人の印鑑、母子健康手帳、国民健康保険被保険者証(加入者のみ)
受付時間 24時間365日受付
届出場所 月〜金曜・日曜 午前8時30分〜午後5時 市民課(市役所1階)
上記以外 市役所1階の中央管理室

●お問合せ先:浦安市市民課 047-712-6269

子育てケアプランの作成(出産前後)

出産予定日2か月前から出産後の方を対象に、子育てケアマネジャーや保健師が子育ての目標や受けられる市のサポートなどを保護者の方と一緒に考え、その方にあった子育てケアプランを作ります。また、ケアプランを作成した方には市から子育て支援ギフトをお贈りします。 ケアプランの作成について詳しくは子育て情報局でも紹介しています。

 

健康保険への加入

出生届を提出したら、できるだけ早く赤ちゃんの健康保険の加入手続きをしましょう。健康保険に加入することで、子ども医療費の助成が受けられるようになります。国民健康保険の方は、下記の通りです。職場の健康保険の方は、勤務先の担当窓口に問合せましょう。また、加入している健康保険の種類によって、持ち物が異なることがあるので確認が必要です。

持ち物 国民健康保険被保険者証、母子健康手帳
受付時間 午前8時30分〜午後5時(土曜・祝日・年末年始除く)
受付場所 国保年金課(市役所2階)

●お問合せ先:浦安市国保年金課 047-712-6829

子ども医療費助成の申請

赤ちゃんの保険証ができたら、子ども医療費助成の申請手続きをしましょう。中学校3年生までのこどもが病院などで保険診療を受けた場合に助成されます。受給券があれば未就学児までは自己負担なし、小学1年生〜中学3年生は通院1回・入院1日につき200円・調剤は無料で保険診療が受けられます。また、受給券なしで受診した場合も、支払った医療費を申請すれば戻ってきます。

持ち物 赤ちゃんの健康保険証
前年分の住民税課税(非課税)証明書または住民税特別徴収税額通知書・住民税普通徴収税の納税通知書(1月1日現在、浦安市に住所がない方のみ。1〜6月の申請は前々年分)
受付時間 午前8時30分〜午後5時(土曜・祝日・年末年始除く)
受付場所 こども課(市役所2階)

●お問合せ先:浦安市こども課 047-712-6424

児童手当の申請

中学校修了前までのこどもを養育している場合、支給を受けられます。赤ちゃんが生まれた月中(生まれた日が月末の場合は翌日から15日以内)に申請すれば、翌月から支給されますので、早めの手続きをおすすめします。出生届の提出と一緒に手続きできるといいですね。

対象 中学校修了までのこどもを養育している保護者
持ち物
  • 請求者の健康保険証の写し(厚生年金等加入者の場合)
  • 請求者(生計の中心者)名義の振込先の分かるもの
  • 前年分の課税所得証明書(1月1日現在浦安市に住所がない方のみ。1〜4月の申請は前々年分)
  • こどもと別居している場合
    別居監護申立書、こどもの世帯全員分が記載されている住民票(こどもが浦安市在住の場合は不要)
  • 申請時には、個人番号の記載が必要になります。

    1.個人番号カードを持っている場合(以下の1点が必要)
    ・個人番号カード(請求者、配偶者)

    2.個人番号カードを持っていない場合(以下の2点が必要)
    ・個人番号の通知カードまたは個人番号記載の住民票の写し(請求者、配偶者)

    ・申請者の確認書類 運転免許、パスポートなど

その他、必要に応じて提出していただく書類があります。
受付時間 午前8時30分〜午後5時(土曜・祝日・年末年始除く)
申請場所 こども課(市役所2階)

●お問合せ先:浦安市こども課 047-712-6424

出産育児一時金の申請

出産の際の経済的負担のサポートとして、加入している健康保険から支給されます。加入者ならだれでも受け取ることができます。出産した医療機関へ直接支払われる直接支払制度や出産する医療機関などに受取りを委任する受取代理制度があり、出産前に医療機関にて申請手続きを行えば、多額の出産費用を用意せずに済みます。

国民健康保険に加入の場合

申請期限は出産日の翌日から2年間です。なるべく早く申請しましょう。

対象 直接支払制度・受取代理制度に対応していない医療機関等で出産した方、出産育児一時金より出産費用が少ないために差額を受け取る方、海外で出産された方
持ち物

健康保険証、印鑑、世帯主名義の通帳または口座番号などの控え、出産したことを証明する書類、領収書(原本)

その他、必要に応じて提出していただく書類があります。
受付時間 午前8時30分〜午後5時(土曜・祝日・年末年始除く)
受付場所 国保年金課(市役所2階)

●お問合せ先:浦安市国保年金課 047-712-6829

勤務先の健康保険に加入の場合

勤務先の担当窓口に問合せましょう。

出生連絡票の提出

赤ちゃんとの生活が始まると、分からないこと、心配なことがいろいろと出てくるかもしれません。

母子健康手帳別冊とじ込みの出生連絡票に記入、郵送すると、助産師または保健師の家庭訪問を受けることができます。お母さんの健康状態や赤ちゃんの成長発達などを相談したり、アドバイスを受けたりできます。

出生連絡票は、市役所の市民課、こども課、夜間・土曜日は市役所1階の中央管理室に設置されている回収箱への提出や、パソコン・携帯電話を利用した電子申請を行うこともできますので、産後できるだけ早く提出できるといいですね。

●お問合せ先:浦安市健康増進課 047-381-9058

出産手当金・育児休業給付金の申請

勤務先の健康保険や雇用保険に加入していて、産休・育休を取得した場合には、出産手当金や育児休業給付金を受けられるケースもあるので、産休前に勤務先の担当窓口に確認しておきましょう。

出産手当金 勤務先の健康保険か共済組合に加入し、産前・産後休暇をとって仕事を続ける場合に、出産の日以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から出産日後56日までの休業期間について、出産手当金が支給されます。(国民健康保険加入者は対象外)
育児休業給付金

1歳未満のこどもをもつ雇用保険の被保険者が育児休業を取得する時、育児休業給付金が支給されます。一定の要件を満たすことが必要です。

ひとり親家庭、病気のこども、障がいのあるこどもなど

ひとり親家庭やこどもが慢性疾患にかかり長期療養が必要な場合、障がいがある場合などには、申請により一般の手当・助成のほかに経済的な支援が受けられます。詳しくは子育てガイド(シーン別):いろいろな支援で紹介しています。

出産〜お誕生日までの赤ちゃんとの暮らしサポート

赤ちゃんとの暮らしはとまどうことや不安になることが多いかもしれません。そんなパパ・ママと赤ちゃんの暮らしを応援してくれるサポートが浦安市はとても充実しています。

 

専門家による病院での産後ケアや、ホテルでの日帰り個別ケア、そして助産院での集団ケアなど状況に応じて選べます。また自宅に来てもらうサポートもあります。1人で頑張り過ぎないよう、状況に応じて上手に利用できるといいですね。

宿泊型産後ケア

核家族が多い浦安市では、出産後身体を休めたいけれど実家が遠くて、という方に医療機関で宿泊のサポートが受けられます。2施設あり、利用できる時期(幅)が異なります。産科のある医療機関で、母子が宿泊できるので安心ですね。

 

・利用対象:育児に対する不安があり、家族などからの援助が受けられない浦安市民で以下の利用時期に相当する健康な母子

・内容:母体ケア、赤ちゃんのケア、育児相談、授乳指導、沐浴指導など

 

施設名 東京ベイ・浦安市川医療センター 順天堂大学医学部附属浦安病院
利用時期 出産した医療機関から直接産後ケア施設に来院できる健康な母子 出産後60日未満の健康な母子
利用期間 原則7日以内 原則7日以内
費用※ 1泊2日 6000円
(1日追加につき3000円)※
1泊2日 6000円
(1日追加につき3000円)※
申込方法 健康増進課にて仮予約したのち、出産後、ケア施設にて本申込み 産後ケア施設にて予約後、健康増進課にて申込み
※所得などにより異なる場合があります。

●お問合せ先:浦安市健康増進課 047-381-9058

 

日帰り型産後ケア

出産後まもない赤ちゃんには昼間と夜の区別がありません。出産後間もないママによく聞かれるのが、とにかくゆっくり休みたいという言葉です。浦安市では出産後間もない母子がゆっくり心身を休めるために日帰り型産後ケアを実施しています。個別タイプと集団タイプがあるので自分にあったケアが選べるのが嬉しいですね。

 

日帰り型産後ケア(集団タイプ)

image

Tomoru助産院(佐野産婦人科)で1日6組程度を対象に集団による日帰り型産後ケアが受けられます。

ママが1人でゆっくり過ごせるコースを受けながら、他の参加者と一緒にランチを食べたり、お話しすることができます。浦安市に住民票のある出産後のお母さんおよび生後180日未満の赤ちゃん(経産婦も利用可)が、原則7回まで利用できます。予約が必要です。

 

日帰り型産後ケア(個別タイプ)

image

オリエンタルホテル東京ベイ、ホテルエミオン東京ベイの2ヵ所で日帰り型産後ケアが受けられます。

お母さんの希望をうかがいながら、助産師が母子の心身のケアプログラムを作成し、それに沿ってケアを実施します。浦安市に住民票のある出産後のお母さんおよび生後120日未満の赤ちゃん(経産婦も利用可)が利用できます。仮予約(事前登録)が必要です。

 

●お問合せ先:浦安市健康増進課 047-381-9058

 

自宅に訪問してもらえるサポート

浦安市の助産師さんまたは保健師さんが家庭を訪問してくれる「こんにちは赤ちゃん事業」や、市から委嘱を受けた母子保健推進員による訪問、市の産前・産後サポーターによる訪問支援があります。

絵本のプレゼント

浦安市では出生届を提出すると市役所の窓口で絵本をプレゼントしてもらえます。

 

赤ちゃんはことばが分からなくても、絵本を読んでくれている人の声のトーンやリズムを楽しんでいます。赤ちゃんの頃から、絵本に親しめるといいですね。

赤ちゃんの一時預かり保育

浦安市には、認可保育園での一時預かりや一時預かり専用の保育室、短時間での一時預かり施設など、一時的に子どもを預かってくれる施設がいくつもあります。預ける理由による利用制限なく1時間から利用できる施設もあるので、育児に少し疲れたら、こうした施設を利用するのもいいかもしれませんね。

赤ちゃんとの暮らしを応援する講座

赤ちゃんとの暮らしで、とまどうことやもっと知りたいと思うことを教えてくれる講座やイベントがあります。中央図書館が主催するブックスタート絵本講座や、健康センターで開催される離乳食のクラス、明海つどいの広場で開催される赤ちゃんとの暮らし応援講座、そのほかにも赤ちゃんとママ向けの講座やイベントはたくさん開催されています。

 

講座に参加すると、知識を得るのはもちろん、新しいお友だちとの出会いの場にもなるかもしれません。自宅の近くや対象月齢があうものがあれば、積極的に参加してみてはいかがでしょうか。

出産〜お誕生日までの健康サポート

赤ちゃんの健康と成長はもちろん、ママのからだの回復も大切なこの時期、母子の健康管理を中心とする、浦安市の基本的なサポートを受けて安心で健やかな子育てをしましょう。

先天性代謝異常等検査

先天性代謝異常などの病気をもつ赤ちゃんには、知的障がいや発達障がいなどの症状があらわれることがありますが、早期に治療を受けることで、障がいの発生を未然に防ぐことができます。

対象 産直後の赤ちゃん(生後4〜6日)
費用 検査料金は千葉県が負担しますが、採血は有料です。
実施場所 入院中の病院など
申込方法 出産した病院に申込してください。

●お問合せ先:千葉県市川健康福祉センター(保健所)地域保健課 047-377-1102

1か月児健康診査

出産後の最初の健診です。ママのからだの回復状態や赤ちゃんの成長発達についての健診です。

対象 生後1ヵ月前後の赤ちゃんとママ
費用 医療機関により異なります(浦安市の助成はありません)
実施場所 出産した病院
申込方法 出産した病院に申込してください。

●お問合せ先:浦安市健康増進課 047-381-9058

乳児健康診査

生後3〜6ヵ月、6〜9ヵ月、9〜11ヵ月に各1回の健診は、各自で指定医療機関にて受診しましょう。母子健康手帳別冊の健診受診票を利用すると、健診費用が助成されます。

また、健康上の理由などで、浦安市発行の乳児健康診査受診票の利用ができない医療機関などで健診を受けた場合には、払い戻しの手続きを行っています。

●お問合せ先:浦安市健康増進課 047-381-9058

出産〜お誕生日までの予防接種

赤ちゃんが生まれたら予防接種を受ける準備をしましょう。

赤ちゃんは、病気に対する抵抗力(免疫)が未熟で、生まれる前にお母さんからもらった免疫(抗体)も、数ヵ月たつと弱くなってしまいます。病気にかかってしまうと、重い後遺症が残ったり、命がおびやかされたりすることも。そうならないための予防手段の1つが予防接種です。

かかりつけ医を決め、そこで接種するようにすると、アレルギーや持病のある場合はもちろん、接種後の体調変化なども相談しやすいですね。

法定接種(定期接種)と任意接種

予防接種には、接種することが定められている法定接種(定期接種)と、選んで受ける任意接種があります。どちらも予防接種法に基づいて実施されるので、予防接種の種類によって年齢や接種間隔などが決められています。赤ちゃんが安全に予防接種を受けるためにも、定められた年齢や接種間隔を守るようにしましょう。

予防接種のスケジュール管理

この時期は、法定接種だけでも多くの種類があるため、かかりつけ医で接種の順番や時期などのスケジュールを相談するといいかもしれません。
浦安市ではひとりひとりにあわせた予防接種スケジュールが作成できて、メールが届くモバイルサイト「まかせてあんしん予防接種ナビ」のサービスもありますのでぜひ活用してください。

0歳〜1歳頃の法定接種の一覧

下記の表は0歳〜1歳頃の予防接種の一覧ですが、下記以外にも、おたふくかぜやインフルエンザなど、有料の任意接種もあるため、かかりつけ医で、接種の順番や時期などのスケジュールを相談するのもいいですね。また、定期接種は定められた時期に接種を受けなければ、公費では受けられません。接種を開始する時期にあわせて通知がきますが、四種混合などの追加接種は通知が来ないため、追加接種の時期を母子健康手帳やかかりつけ医で確認することを忘れずに。

赤ちゃんが風邪をひくなど体調によって接種を受けられなくなることもあるので、接種は余裕をもって計画しましょう。接種の際は必ず母子健康手帳をお忘れなく。

●お問合せ先:浦安市健康増進課 047-381-9051

名称 対象年齢 対象・接種回数など 通知時期
ヒブ(Hib) 2ヵ月〜5歳未満 2〜6ヵ月で開始 4回
7〜11ヵ月で開始 3回
1歳〜5歳未満で開始 1回
生後2ヵ月頃
小児用肺炎球菌(PCV) 2ヵ月〜5歳未満 2〜6ヵ月で開始 4回
7〜11ヵ月で開始 3回
1歳〜1歳11ヵ月で開始 2回
2歳〜5歳未満で開始1回
生後2ヵ月頃
B型肝炎 2ヵ月〜1歳未満 27日以上の間隔で2回
さらに1回目終了後139日以上の間隔で1回 
生後2ヵ月頃
四種混合
(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)
または三種混合
(ジフテリア・百日せき・破傷風)またはポリオ
3ヵ月〜7歳6ヵ月未満 1期初回 
20日〜56日間隔で3回
1期追加 
初回接種3回終了後、1年〜1年6ヵ月の間に1回接種
生後2ヵ月頃
※追加接種は通知が来ないため、忘れずに接種しましょう。
BCG 3ヵ月〜1歳未満 1回 生後2ヵ月頃
麻しん風しん混合(MR) 1歳〜2歳未満 1回
※小学校就学前の1年あいだで追加で1回接種が必要
1歳頃
水痘 1歳〜3歳未満 2回
1歳頃

赤ちゃんとママ 浦安のイベント・仲間づくり

赤ちゃん連れの外出は、赤ちゃんの様子や大きな荷物、授乳やお昼寝タイミングなど、何かと制約が多くおっくうになりがち。一方で、まだしゃべれない赤ちゃんとの生活は、だれかしゃべれる大人としゃべりたい!と思うことも多いかもしれません。

 

そんな時、浦安には同じような状況のママや先輩ママたちとの出会いや交流の場がたくさんあります。せっかくなのでこうした施設やサービスを活用して、楽しいベビ&ママ・ライフを送りましょうか。

赤ちゃんとママのためのイベント

浦安市が公民館で開催しているほのぼのタイムや、児童センターの赤ちゃんサロン、明海つどいの広場のベビママサロンなど、赤ちゃんとママ限定のイベントもたくさんあります。また、絵本講座や離乳食講座など同月齢の親子が集まる講座もあるので、新しいお友だちとの出会いと交流の場として、自宅の近くや対象月齢があうものがあれば、積極的に参加してみてはいかがでしょう。

赤ちゃんでも安心の子育て支援施設

子育て支援センターやつどいの広場、児童センターでは、子育てを応援してくれるサポーターさん(保育士さんや地域のサポーターさん、先輩ママなど)がいつも笑顔で待っていてくれます。子連れが前提の施設なので、赤ちゃんとママのためのサポート体制もしっかりしていて安心しておでかけできます。市内の各所に子育て支援施設はあるので、家の近くの施設にいってみてはいかがでしょう。

産後・子育て 浦安での相談先

日々の子育ての中で不安や悩みを感じない人はいません。そして、その不安や悩みごとには、きっと対処方法があるはずです。1人でかかえこまず、専門家の相談機関に気軽に相談してみましょう。

子育て相談

どこに相談すればよいか分からない時は、子育てケアマネジャーのいる「子育て相談」を利用してみてはいかがでしょうか。ママのはなしを聞いて、必要であれば専門相談窓口を紹介してもらえます。また、健康センターでは保健師さんや助産師さんに相談に乗ってもらえる育児相談を行っています。ほかにも、自宅にサポーターさんに来てもらえる支援もあります。

母乳についての相談・ケア

出産後は思うように母乳が出ない、おっぱいが詰まった、など母乳について悩んだり、とまどったりすることも少なくありません。そんな時は1人で悩んで自分を責めたり、自己流でからだに負担をかけたりすることのないよう、産院や助産師さんにサポートしてもらいましょう。

赤ちゃんと一緒に浦安に転入

市役所に転入の届出を提出する際、前の市区町村発行の課税所得証明書と母子健康手帳や健康診査受診票も持参し、児童手当や子ども医療費助成の申請、健康診査受診票や予防接種予診票の発行も併せて行いましょう。詳しくは子育てガイド(シーン別):Welcome!浦安で紹介しています。