ママのリフレッシュ

image

子育て中は、こどもと過ごす時間やこどもの成長に喜びや幸せを感じる一方で、自分のペースで生活できない不自由さ、育児や家事に追われる負担感を感じることも少なくないのでは?

 

そんな時、頑張り過ぎてつらくなる前に、自分なりに肩の力を抜いて息抜きできる方法や時間をもっておくことは大切なことかもしれません。

 

あなたはどんなリフレッシュの方法をもっていますか?

 

★本ページで紹介している施設・サービスの場所・日時・料金などの詳細情報は本サイトの「サービス・施設を探す」の検索結果でご覧いただけます。各項目の末尾にリンクを貼っていますので検索・確認してください。


わたしのじかんも大切に

子育ては楽しい、こどもの成長はわたしの喜び。でも、時間に追われて疲れすぎていたり、自分のことは後回しにしてばかりだったり…もうダメかも…と感じることもあるかもしれません。そんな時は、思い切って自分のための時間をもってみませんか?

 

「わたしのじかん」をもつことで気分転換ができて、前向きな気持ちでこどもと向きあうことができるかもしれません。「こどもと離れて自分の時間をもつことは悪いこと」と思っている人もいるかもしれませんが、「密着し過ぎた親子の時間から少し距離を置く時間」をもつことは、親子でよりよい時間を過ごすために必要な時間となる場合も多くあります。

 

もちろん、こどもの健やかな成長・発達には、ママと一緒に過ごす時間や、ゆったりとこどものペースで過ごす「こどもじかん」はとても大切です。

 

どちらか一方にシフトし過ぎず、「こどもじかん」と「わたしのじかん」のバランスを上手にとっていけるといいですね。

リフレッシュするなら

リフレッシュ方法は人それぞれ。自分にあった方法をみつけられるといいですね。

1人になる

こどもが昼寝をしているあいだや夜こどもが寝た後に、1人でゆっくりお茶やアロマ、お風呂を楽しむことは手軽にできそうです。

 

協力を求める相手として、一番はじめに思い浮かぶのはパパ。

いきなり長時間は難しいと思ったら、最初は、お休みの日に1時間くらいの短いお留守番を頼んでみるのもいいかもしれません。徐々に時間を延ばせば、パパにもこどもと一緒に過ごす自信がつき、そのあいだにママは1人でカフェにいったり、ゆっくり1人で買い物を楽しんだりすることもできます。

逆に、こどもを連れ出してもらって、家で1人になってみるのもいいですね。ママのリフレッシュになるだけではなく、パパとこどもの絆も強くなり、パパも幸せな時間を感じられるはず。

趣味の時間をもつ

こどもができる前や、こどもの頃に好きだったことは何ですか?いま本当はやりたいけれど、できないな・・・とあきらめていることはありませんか?

 

例えば、公民館のサークル活動や民間のカルチャースクールの講座、総合体育館のプールやジムには託児付きのものもあります。自分の趣味にあうものがあれば、思い切って託児を利用してみるものいいですね。ほかにも託児付のコンサートやイベントも増えてきているので探してみるといいでしょう。

 

サークルや講座には、主に単発で開催されるものと、定期的に日時が決まっていて継続開催されるものの2種類があります。

 

単発の場合、自分の都合やこどもの体調の良い時を選んで参加でき、託児に慣れていない場合も親子ともに負担感が少なく、気軽に参加できるというメリットがあります。

 

一方、定期的に開催されるものの場合、同じ時間や場所に通うことが多く、参加しているママもこどもも同じような環境で過ごすことになり、慣れると様子が分かって安心できるというメリットがあります。

 

自分やこどもの状況にあったものが選べるといいですね。

市民活動やボランティアに参加する

自分の時間を人のために役立てる方法もあります。

 

自分と家族だけに時間を使う生活から、だれかのための時間をもつことで、視野が広がったり、楽しさややりがいを感じたりしてリフレッシュにつながることもあります。

 

ボランティアや市民活動には子連れでできる活動もあります。無理し過ぎない範囲でできることから始めてみるといいですね。市民活動センターや、ボランティアセンターに相談してみるのもいいかもしれません。

家事の手を抜く

「とにかく時間がない」と感じているなら、家事の手をちょっと抜いてみてはどうでしょう。

思い切って家事の一部を休んでみる、省いてみる。その時間がリフレッシュをもたらすかもしれません。

家族で話しあって、やらなくても何とかなる家事はやらないと決めてみたり、家事はほかの家族や家事支援サービスにお願いしたりして、たまには、ママの休息時間や休息日を作ってみてはどうでしょう。

こどもを預ける

「小さなこどもを預けてまで自分の時間をもつ必要があるの?」そんな声を聞くことがあります。「子育て中はこどもが最優先の時期なのは当然、自分のことを優先するなんて甘えてない?」といった意見も残念ながら、まだ耳にすることがあります。

 

預ける必要があるかどうか、預けたいと思うかどうかは確かに人それぞれで、預ける必要性を感じていないママに預けたほうがいいよと押し付けるものでもないし、家庭によっても判断は異なると思います。

 

でも、子育てや家事で疲れ果てて笑顔が消えていたり、追いつめられてこどもを素直に可愛いと感じられなくなったり、パパと笑顔で話す余裕がなくなったりしているなら、こどもを預ける選択も考えてみるといいかもしれません。

 

疲れ果てて笑顔も消え、余裕のないママとずっと一緒にいることはこどもにとって本当にいいことでしょうか?それよりも、少しこどもと離れてリフレッシュし、心とからだに余裕のあるママといるほうが、こどもにとって幸せな場合もあります。

 

パパやおじいちゃん、おばあちゃんといった家族にお願いしたり、お友だちとこどもを預かりあったりする以外にも、家庭で子育てをしているママのための保育サポート(保育施設での一時預かりやファミリー・サポートなど)も増えています。平成26年10月からは一部の公立幼稚園内で短時間の一時預かりもはじまっています。一度ご近所の保育施設を見学してみるのもいいかもしれません。

 

こどもを預けることに、過剰な罪悪感をもたず、必要に応じてこどもを預けることで「こどもじかん」と「わたしのじかん」のバランスを上手にとっていけるといいですね。