パパの子育て

image

パパが子育てに参加しないなんてもったいない!

今は忙しいから、なんていっているとこどもはあっという間に大きくなってしまいますよ。こどもとの今を楽しみましょう。


★本ページで紹介している施設・サービスの場所・日時・料金などの詳細情報は本サイトの「サービス・施設を探す」の検索結果でご覧いただけます。各項目の末尾にリンクを貼っていますので検索・確認してください。


パパも子育てを楽しもう

パパとおはなしをしていると、「こどももしゃべるようになると面白いけど、赤ちゃんは怖くて・・・」といった声を聞くことがあります。そのたびに「なんてもったいない!」と思うのです。

せっかくパパになったのだから、妊娠中からパパとしての生活を楽しみましょう!

妊娠中

妊娠中のママは、ホルモンの影響で心身ともに不安定な状態でイライラしたり、急に落ち込んだりすることもあります。何があったの?と責めたりせず、ホルモンの影響だし、当然のことと、受け止める余裕を見せてほしいところです。

 

ママはおなかの赤ちゃんとずっと一緒にいる中で母性が育まれていき、ともすればパパはおいていかれたりするものです。

出産後、いきなりでてきた赤ちゃんを目の前にして、パパになるのは難しいかもしれません。

 

できれば、浦安市や産院などで開催される両親学級(パパママクラス)に積極的に参加したり、お腹をさわって話しかけたりしてみましょう。

 

そうすることで、不安なママの気持ちをより受け止められるようになったり、パパになる実感が湧いてきたりするのではないでしょうか。

 

また産後の生活(お部屋のレイアウト、生活の流れや家事の役割分担)や子育て(大切にしたいことや、どんなふうに育ってほしいか)をママと一緒に話しあってイメージしておくと、赤ちゃんのいる生活にスムーズにはいれるかもしれません。

赤ちゃんが生まれたら

2人にとって初めての赤ちゃんなら、不安に感じることも、うまくできないことも、ママだって一緒です。パパとママで一緒に成長していけばいいのです。

 

赤ちゃんのお世話もできれば積極的にかかわってほしいですね。沐浴は手の大きなパパのほうが得意だからお任せしたい!という声をよく聞きます。

 

赤ちゃんははなしがつうじないからつまらない…というパパもいるようですが、赤ちゃんもちゃんとコミュニケーションが取れるようになります。言葉は分からないかもしれないけれど、たくさん話しかければ言葉のリズムやパパの声は赤ちゃんに届いています。喃語がでる頃になると、パパの声に反応して、赤ちゃんもお返事をしてくれることも増えてきますよ。

 

また、上の子がいる場合、上の子の気持ちが不安定になることもあるかもしれません。そんな時には、パパとママの連携プレーで、パパが上の子のお世話をすることで、こどもも落ち着いたり、ママの気持ちにも余裕がでたりするようです。

 

子育ての楽しみをパパも存分に実感してくださいね!

パパとおでかけ

パパとおでかけ

最近では「イクメン」と呼ばれる積極的に子育てにかかわる男性も増え、自然体でこどもの世話をする姿が見かけられるようになりました。パパが使いやすいだっこひもやベビーカー、おでかけ用バッグなども充実してきています。

 

そんなパパがママとシェアしている子育ての1位は「こどもと遊ぶ」ことのようです。

 

浦安市にはパパとこども(赤ちゃん)のおでかけにおすすめの場所がたくさんあります。また、パパ向けのイベントも増えてきています。お休みの日には親子で利用できる子育て支援施設や、パパも楽しめる公園・博物館に行ってみませんか?

土・日に開所している子育て支援施設

最近では月〜金曜日の平日の子育て支援施設やイベントでもパパの参加が増えているので、平日にお仕事がお休みのパパはぜひ子育て支援施設に行ってみてください。

 

とはいえ、平日は厳しい〜というパパのために、土曜日、日曜日も開所している子育て支援施設を紹介します。

 

◎児童センター(東野・高洲)

どちらのセンターも土日開所しています。大きなお子さんも利用できる施設なので、ダイナミックにからだを動かせる場所もあり、元気に遊ぶことができます。小さなお子さんには、ゆったりしたエリアもあるので安心です。

 

◎浦安市子育て支援センター(猫実)

毎週土曜日も開所しています。広々としているのでダイナミックな遊びも大丈夫。毎日午前11時と午後2時に、親子遊びや体操を楽しむ「ハッピータイム」が開催されています。

 

◎明海つどいの広場子育てテラスふらっと(明海)

毎月第2土曜日は開所しています。月に1回の土曜日開所なので、この日を目指してくるパパもいて、パパ率が高いそうです。午後からはパパのベビーマッサージ体験(有料)も開催されています。

 

◎堀江つどいの広場(堀江)

毎月1回土曜日も開所しています。畳敷きのあたたかい雰囲気の中で、親子でのんびり過ごすことができます。土曜日にはパパも参加しやすいイベントが開催されています。

パパにおすすめのおでかけスポット

◎交通公園(美浜)

バッテリーカーに乗れたり、ポニーの乗馬体験や小動物と触れあえたり、アトラクション的な要素が多いので過ごしやすい公園です。園内には、屋内施設や軽食を提供している喫茶店もあります。

 

◎浦安市郷土博物館(猫実)

浦安市の歴史と文化を体験できる施設です。昔の町並みが再現され、べかぶねの乗船体験もできます。また、土日には四季折々の年中行事やベーゴマなどの昔遊び、貝むきなどの体験イベントなどが開催されています。

 

◎浦安プレーパーク(今川)

月に1回程度、今川少年の広場で開催されています。プレーパークは火や土、水、木など自然の素材を使ってこども自身が遊びを作る場。乳幼児から大人まで、自然の中で自由に過ごすことができる場所です。

 

◎地下鉄博物館(江戸川区)

東京メトロ東西線、葛西駅にある博物館。地下鉄の歴史から最新技術まで「みて・ふれて・動かして」学習できる参加型ミュージアムです。本物の車両に乗ることができるので小さいこどもも楽しめます。

 

◎鉄道博物館(さいたま市)

さいたま市にある鉄道の歴史博物館。鉄道好きのこどもが夢中になるのはもちろん、本領発揮のパパもいるのでは。

おでかけの持ち物

赤ちゃんやこどもとのおでかけは、かばんなどの荷物が大きくなりがち。

 

え〜こんなにいるの??という声が聞こえてきそうですね。今の時代、お財布さえ忘れなければ何とかなるといえば、何とかなるけれど、小さなこどもとの外出には、予想外のアクシデントがつきもの。ちゃんと用意しておくことで、乗り切れることも多いので、めんどうくさがらずに、用意しておくと何かと安心です。

 

最近は、パパ用のおでかけバックも販売されているので、お気に入りのバックを用意して、こどもとおでかけするのもいいかもしれません。

着替え1式 汚れるのを気にせず遊べ、時には気温調節にも役立つ、必須アイテム。
年齢や時期によっては2式以上必要なこともあります。
帽子 暑さ・寒さ対策に。頭をぶつけた時にも防護されます。
紙オムツ・パンツ 最低でも2セットは用意しておきましょう。
トイレトレーニングの時期は事前にトイレの場所チェックも忘れずに。
おしりふき オムツをしているあいだは必需品。
ミルクセット1式 ミルクを飲んでいるあいだは必須。哺乳瓶・ミルク(1-2回分)・(調乳用のお湯がない場合)哺乳瓶タイプの水筒に調乳用のお湯・(水道がない場合)湯冷まし
飲み物 こどもは大人が思っている以上に汗をかくもの。パパの分も忘れずに。
ビニール袋 使用済みのオムツや濡れたものなど、複数枚持っていれば何かと便利。
ハンカチ・ティッシュ 赤ちゃんならガーゼハンカチ、少し大きくなったらタオルハンカチを。
ウェットティッシュも便利です。すぐ取りだせるところにいれておいて。
おもちゃ・絵本 バスや電車での移動中に役に立つ。
スタイ よだれの多い時期や外出先での食事の際に。
おやつ 赤ちゃんの時はご機嫌なおしに、大きくなったら食事の合間の補食として。慣れないパパには強い味方かも。
・だっこひも
・スリング
・ベビーカー
どれを使うかはパパ次第。
行先やこどもの好き嫌い・パパの得意不得意も考慮して。
保険証・母子健康手帳・
子ども医療費助成受給券
何があるか分からないのがこども。持ち歩きましょう。

地域にでよう!「イキメン(域MEN)」

パパがこどもと一緒にでかける場所や機会も増え、子育てを積極的に楽しむパパ(イクメン)も増えています。それに伴って地域でのパパ友のつながりも広がっているようです。

 

子育て支援施設のパパイベントやサークル、保育園の父母会、幼稚園のPTA、小中学校のオヤジの会、さらには自治会やこども会といった地域の中での出会いやつながりを大切にし、活動するパパも増えています。

 

そんな地域とつながっているパパにおはなしを聞くと、地域デビューのきっかけは、こどもと一緒の毎日を楽しみたい、こどもが暮らす地域をもっと知りたい、良くしたいといった思いから、という人が少なくありません。こどもをきっかけに「イキメン(地域とつながり、地域での活動を楽しんでいる男性)」へ世界が広がっているようです。

 

いきなり地域デビューというとハードルが高いかもしれませんが、公民館や自治会のイベントに親子で参加してみる、保育園や幼稚園の保護者の集まりに顔をだしてみるといったところから始めてみませんか?

 

気がつけばパパも自然に地域の一員として浦安の地域コミュニティを楽しんでいるかもしれません。

参考サイト

浦安市自治会連合会

 

NPO法人ファザーリングジャパン

 

厚労省イクメンプロジェクト

 

地下鉄博物館

 

鉄道博物館