このページの本文へ移動

市内の実施施設・サービス一覧

子どもを預けたいと思ったときに、預けられる場所・サービスは大きく分けると以下のようなものがあります。利用施設やサービスにより特徴があるので、利用時のニーズ等に応じて上手に使い分けましょう。

 

新型コロナウイルス感染症対策のため、ここでご紹介している施設やサービスの利用方法や、制度の手続き方法、イベントの開催などについて、掲載内容と異なる場合があります。ご利用の際は、事前に各施設や関係機関などにお問合せください。

 

一時預かり保育施設(集団保育)

保育に適した安心できる場所で、保育士など保育の専門家が子どもを預かってくれます。
○△×はその区分における概ねの対応状況です。実際には各事業者に問合せて確認して下さい。

区分 特徴 保育
時間
単発 定期 緊急 土日 夜間 宿泊
認可保育園・こども園での一時預かり
実施施設
認可保育園・こども園内に併設された一時保育室。給食有。
前月1日より予約可。
最大8.5H
月2

週3

14日

午前
× ×
専用施設での一時預かり
実施施設
預ける理由を問わない一時預かり専用保育室。弁当持参。
2W~4W前から当日まで予約可。
最大8H
月8
または12
× × × × ×
公立幼稚園などでの短時間の一時預かり
実施施設
預ける理由を問わない短時間の一時預かり。食事不可。
1時間無料。前日・当日予約のみ。
最大3H
前日予約
× × × × ×
子育て短期支援事業
実施施設
休日、夜間、宿泊を伴う数日間のこどもの預かり。(保護者が病気、看護、出産、出張などの際) 最大7日 ×
休日保育
実施施設
日曜・祝日(年末年始を除く)のこどもの預かり(保護者の仕事などの際) 最大12H × 日・祝 × ×
病児保育施設
実施施設
病気のお子さん(市内在住または市内認可保育所の入所児)をお預かり。給食有。 最大9H × 施設による × ×
病後児保育施設
実施施設
病気回復期のお子さん(市内在住または市内認可保育所の入所児)をお預かり。給食有。 最大10H × 施設による × ×
認可外保育施設での一時預かり
実施施設
定員に空きがあれば、理由を問わず利用可。 施設による ×

一時預かり保育サポート

施設型ではなく、保育者やこどもの自宅での保育や、公共施設など、保育を必要とする人がいる場所に保育者が出向いて行う保育も有ります。

○△×はその区分における概ねの対応状況です。実際には各事業者に問合せて確認して下さい。

区分 特徴 保育
時間
単発 定期 緊急 土日 夜間 宿泊
地域相互扶助による個別保育
実施団体
助けたい人と助けてほしい人の相互扶助会員組織。条件が整えば病後児や宿泊、新生児も対応。事前登録制。
病後児×

病後児×
ベビーシッターによる個別保育
事業者
登録シッター派遣。
会社によっては病後児や病児対応、外出同行、家事のオプションなども対応。
講座やイベントでの集団託児
実施施設
イベントや講座、サークル等の開催にあわせて同時に実施される託児。 × ×

施設利用料について

それぞれの施設によって利用料は異なります。
サービス施設を探す」にてご利用施設のページをご覧ください。

また幼児教育・保育の無償化にともない、認可外保育施設などに通う住民税非課税世帯の0~2歳児の利用料は無償(上限あり)、『保育の必要性』があり認可外保育施設・幼稚園(施設によって異なります)などに通っている3~5歳児が無償(上限あり)となるなど、ご家庭の状況によっても異なります。

無償化の上限額や『保育の必要性』については【子育て情報局】にて詳しくご紹介していますので、普段通っている施設(保育園などは「幼児教育・保育の無償化開始 ~保育施設編~」、幼稚園などは「幼児教育・保育の無償化開始 ~教育施設編~」)のページをご覧ください。