このページの本文へ移動

小学生~高校生ころの予防接種

この時期の定期接種は3つあります。そのほか、任意接種の予防接種として、季節性インフルエンザがあり、各自の判断により有料で接種します。

●お問合せ先:浦安市母子保健課 047-381-9034

→参考:浦安市予防接種実施医療機関(浦安市)

小学生~高校生期の定期接種

日本脳炎(2期)

9歳~13歳未満が対象時期です。小学4年生の4月頃にお知らせが来るので忘れずに接種しましょう。対象時期に1回接種します。

二種混合(2期)

11歳~13歳未満が対象となります。小学6年生の4月頃にお知らせが来るので忘れずに接種しましょう。対象時期に1回接種します。

子宮頸がん予防(HPV)

小学6年~高校1年までの女子が対象となります。計3回接種します。

※現在、積極的な推奨はされていません。

小学生~高校生期の任意の予防接種

インフルエンザ予防接種(任意接種)

浦安市では感染予防や子育て世代の経済的負担の軽減を目的として、18歳(高校3年生相当)以下のお子さんがインフルエンザ予防接種をした場合の費用の一部について助成をしています。

子どものインフルエンザ予防接種は法律上の義務はありません。接種対象者や保護者の希望による任意の予防接種です。

対象 接種日現在、浦安市に住民登録がある18歳以下の方(高校3年生相当)
※対象者への個別通知は行っていません。
接種回数 13歳未満:2回
13歳以上18歳以下(高校3年生に相当):1回
助成対象の期間 毎年秋頃~翌年3月末まで
助成金額 1回の接種につき2,000円
※各実施医療機関により接種費用が異なります。接種時は、医療機関に置いてある予診票と申請書を医療機関窓口へ提出し、2,000円を差し引いた額をお支払いください。
持ち物 健康保険証
子ども医療費助成受給券(お持ちの方)
母子健康手帳
現金(接種費用)
そのほか医療機関が指定するもの
実施医療機関 市内の協力医療機関に限ります。
※医療機関により、開始時期や実施期間などが異なることがありますので、必ず事前にお問い合わせください。

定期接種の付き添いについて

13歳未満の子どもが定期接種を受ける場合、必ず保護者(親権者)の同伴が必要です。病院によっては時間が決められていることもあり、保護者(親権者)がどうしても付き添えない場合もあるかもしれません。その場合、祖父母など普段の子どもの健康状態や様子をよく知っている人であれば、保護者(親権者)からの「浦安市予防接種委任状」を持参することで保護者(親権者)以外でも付き添うことができます。

13歳以上の子どもは、令和2年3月以降に作成された予診票に保護者の自筆による署名があれば、保護者の同伴なく定期接種を受けることができます。その場合、保護者が予診票の記載事項を読み、理解し、納得して署名をしましょう。

●お問合わせ先:浦安市母子保健課 047-381-9034