このページの本文へ移動

小さく生まれたり病気があったら

小さく生まれたり、病気をもつこどもを抱えている家族にとって、精神的・経済的なサポートは欠かせません。そんな時の相談先や支援をご紹介します。

相談窓口

1人でかかえこまず、まず相談してみませんか。

浦安市子育て総合窓口・子育て相談室(浦安市こども課)

子育ての相談総合窓口。どこに相談していいか分からない、だれかにはなしを聞いてもらいたい時に子育てケアマネジャーが直接または電話で応じてくれます。

育児相談(浦安市母子保健課)

こどもの健康や育児に関する相談に随時応じてくれます。また毎月1回、健康センターにて育児相談も開催され、身長・体重の計測のほか、保健師・助産師・栄養士・歯科衛生士に相談に乗ってもらえます。

こども発達相談(浦安市こども発達センター)

こどもの心身の発達に関する不安や心配がある時、相談に乗ってもらえます。予約制。

上記の他にも様々な相談窓口があります。詳しくは『シーン別子育てガイド:子育てに悩んだら』をご覧ください。

経済的な支援

利用者側からの申請や提示がないと利用できない支援もあるので、自分が利用することのできる支援を理解して、せっかくなので上手に活用できるといいですね。

子ども医療費助成

中学3年生までのこどもが病院などで保険診療を受けた場合に助成されます。診察時に受給券を医療機関に提示してください。申請が必要です。

未熟児養育医療

生まれた時の体重が2,000グラム以下、もしくは生活力が特に弱く、入院治療が必要な場合に、医療費が給付されます。

小児慢性特定疾患医療費の助成

慢性疾患にかかり、長期療養が必要なこどもの医療費の一部が助成されます。

自立支援医療(育成医療)

からだに障がいがある18歳未満のこどもで、手術などで機能が回復しうる場合、治療費の一部が助成されます。

結核児童療育給付制度

18歳未満のこどもが結核に罹患し、入院治療が必要な場合、医療費などの一部が給付されます。

難病者見舞金

市川健康福祉センターで発行された小児慢性特定疾患医療受給券をもっている人に見舞金が支給されます。

上記の他にも様々なサポートがあります。詳しくは『サービス・施設を探す:子育てや生活の相談・支援』をご覧ください。